企業や店舗の販促活動に使いたいノベルティ!制作時に必要な基礎知識をご紹介!

ノベルティは販促を目的とした物なので企業名などが印字されていることが欠かせません。
しかし、その部分に特化してしまうとデザイン性が損なわれてしまい、結果として使ってもらえないというケースが発生します。
それゆえに宣伝効果とデザイン性の両立をさせることが大切です。
夏にはうちわ、冬にはカイロなど季節に合わせた物を用意することも有効となります。
使ってほしい年齢層に合わせた品物を用意すれば、使ってもらえる可能性があがります。

企業や店舗の販促活動に使いたいノベルティ!制作時に必要な基礎知識をご紹介!

ノベルティとは企業が宣伝などを目的として配布する物ですが、単なる宣伝であればチラシで良いということになります。
あえてノベルティとして出すのであればその品物ならではの使い勝手やデザインにもこだわることをお勧めします。
それぞれの時期によって人々が求めるものを用意するのが有効です。
また、子供向けの商品を扱っている会社ではえんぴつや消しゴムなど、子どもに使ってもらいやすい品物を選択することがとても重要となります。

お客様に喜ばれるノベルティの渡し方

ノベルティーグッズは基本的にもらった人が喜ぶものを選択すると良いかもしれません。
例えば消耗品のボールペンや便箋などは使用後になくなるものですから、もらった人も使用目的を問わず気軽に家におくことができる可能性が高く重宝されます。
魅力的なノベルティーグッズは渡し方次第で無限の魅力を放ちお客様に喜ばれる可能性が高いですが、やはり万人受けする使用目的も考えてみるとより素晴らしい結果につながりやすいです。
実際に手渡す際も、相手の名前を記入したり、笑顔で手渡すなどすると格段に印象に残りやすく良い商品となります。
どちらかというと、ほしいと希望する人を募集してお客様の側のニーズをよりわかりやすくできるとさらに素晴らしいかもしれません。
グッズ自体も個性的すぎるものよりも万人受けするデザインのほうが良い可能性もありますが、消耗品の場合はさほど気にする必要もなく印象に残りやすい奇抜なカラーやデザインでも何ら問題なく好印象を与えることが出来、よい宣伝効果も期待できるかもしれませんから、気軽にテンポよく渡してみると喜ばれる可能性もアップします。

販促で使われる名前やロゴを入れた名入れのノベルティ

販促品の一つとして登場しているノベルティですが、社名であったりイベント名などを名入れしている物は宣伝効果も高いです。
そのブランドで出している物ですと、ブランドの価値が高ければ高いほどそのアイテムが欲しいという事でさらに販売意欲が増すことになります。
通常販売されている物ではありませんので、いくら以上購入した人にもらえるという事であったり、何を購入すればもらえるといったレア度を設定する事で価値も高まります。
ノベルティを手に入れた時に、そのものとしての価値はそこまで高くならないことも有りますがブランドの価値によってさらに高まることも想定されますし、重要な事はそのノベルティを手に入れるために販売促進効果が得られるという事にあります。
それぞれの会社でどういったアイテムに名入れをするかと考えるところですが、ターゲットとしている客層に合わせて需要のあるアイテムを考えていくということが理想的な考えだと言えます。

エコも重視されるノベルティグッズ

近年は環境意識の高まりに伴いエコが注目を集めていますが、これはノベルティグッズも例外ではないといえるのではないでしょうか。
デザインやモチーフが魅力的なだけでなく、資源に関する取り組みが見えることもノベルティグッズに求められています。
つまり、そういう取り組みが見えるノベルティグッズの作成や配布こそが、企業のイメージをアップさせたり環境を考えている企業というイメージ作りに役立ちます。
メッセージを発信することに加えて、具体的な取り組みが求められますから、例えば包装を見直して資源の利用を最小限にしたり、リサイクルした素材を使うなどがおすすめです。
他にも併せて紙資源の節約の為にDMを廃したり、エコに取り組むノベルティグッズ業者に委託して、作成してもらうのも1つの方法です。
グッズそのものの素材にも人々の目は向きますし、取り組みの評価が行われるので、そこも考えてトータルでどのようなメッセージの発信に繋がるか、想像力を働かせることが肝心ではないでしょうか。

強烈な印象を残すインパクト重視のノベルティ

企業が無料で配るノベルティは、様々なメリットがあります。
一番のメリットと見込まれる効果としては、宣伝効果と購買上昇効果です。
無料配布をするという定義がありますが、その配り方も様々です。
街頭で配られることも有れば、展示会やイベントで配布されることもあります。
それ以外ですと購買意欲が高まるというところではお店でいくら以上購入すれば、このノベルティがもらえるといった配り方です。
いかにインパクトを与えるかという事で考えるのであれば、商品を設定することから考えていかなければなりません。
使ってもらえるかということで日常的に使うアイテムを選ぶよりも、インパクト重視で有名キャラクターとコラボをしたり、その商品自体がとても高価なものであるという場合も強烈に印象づけることが出来るでしょう。
ノベルティ次第でセンスも感じられることも有りますし、企業としての宣伝効果も高まります。
まずはターゲットを選定していく事からスタートです。

ノベルティに関する情報サイト
ノベルティNavigation

ノベルティは販促を目的とした物なので企業名などが印字されていることが欠かせません。しかし、その部分に特化してしまうとデザイン性が損なわれてしまい、結果として使ってもらえないというケースが発生します。それゆえに宣伝効果とデザイン性の両立をさせることが大切です。夏にはうちわ、冬にはカイロなど季節に合わせた物を用意することも有効となります。使ってほしい年齢層に合わせた品物を用意すれば、使ってもらえる可能性があがります。

Search